読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軟体動物の徒然なる何か

駄文を読んで苦しみを味わいたいドM向け。

愛と情熱のフレーバーテキスト!

はい、どうもCuPたこあしです。

ブログを更新するのはかれこれ130日ぶりくらいですかね…。

まぁツイッターの方は平常運転ですし、特別こんなブログの更新を待っていた人もいないでしょう。

と、いうことで!いつも通り(?)語りたいこと語っていこうと思います!

 

まぁタイトル通り、今回のテーマはフレーバーテキストです。

丁寧な方ならここでFTの解説をするのが通例かと思いますが、あいにく私は面倒くさがりなので説明はカットでいきます。というかこのブログ読む人はほとんどツイッターから来てるわけですし、FT知らない人は読もうと思わないでしょう。

 

全てのTCGにはFTがありますよね。…あれ?無いTCGもあるのかな…?まぁいいや。

FTは、好きな人は好きだし、やっぱり普段はあまり気にしない方もいるでしょう。私のフォロワーは前者の方が多い気がします。FTクイズなんかもやりましたよね。すごく盛り上がった覚えがあります…もう一度やりたいなぁ。

本筋に戻りますが、今回は、FTに興味があるけど種類が多くてとても読みきれない色々知ってるけどもう一度見て楽しみたい、そんな方々が楽しめればいいなーと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ここからはどんどんデュエマのFTを紹介して行っちゃおうと思います。では、どうぞ。

 

 

「この世の果てで、また会いましょう。だから、今は笑って。」ーー雪渓妖精マルル

 

f:id:amamitako3:20161210195801j:plain

 

ザ・出オチ。デュエマに精通している人なら誰もが知る名FTですね。効果ともマッチしており、アースドラゴンとスノーフェアリーの関係をよく表していると思います。

 

 

嘘であるほど、耳に優しく響くもの。

 

だいぶ教訓めいた言葉。今は亡き百目カウンターのお供、ファントム・ベールのFTです。すっきりしていて語感もよく、耳に優しく響きますね。

 

 

そして時は凍りついた。

 

シンプルシリーズ第1弾。ザ・ユニバース・ゲート(名前の時点でかっこいい)のFTです。もう言葉では説明できないですね。ただただかっこいい。わかる人にはわかります。

 

 

「好き嫌いする奴は、大嫌い!」術者が作った生命は、いきなり叫ぶと逃げて行った。そして、あっという間に増えていった。

 

f:id:amamitako3:20161210195917j:plain

 

プリーチ・トマトのFTです。不気味ですね。ワイルドベジーズはギャグ寄りのデザインが多いので、こういうのは珍しいかもです。イラストもなかなか味があります。

 

 

動き出した死体は、墓穴の新たな住人を探しに出かけた。

 

リバース・チャージャーのFT。闇文明の性質を端的に表していると思います。やたらと飾った言葉より、こういうシンプルなものの方が初期のデュエマには合っていますね。

 

 

その姿を確認する前、その爆音を聞いた時には諦めるしかない。ワイバーンは、次の瞬間目の前にいるのだから。

 

f:id:amamitako3:20161210195943j:plain

 

ツインキャノン・ワイバーンのFT。空の王者たるワイバーンの風格たっぷりですね。イラストもかっこよく、性能も実にわかりやすい。わりと好きなカードです。

 

 

 その龍が動くとき、地図は過去の物となる。

 

これは本当にセンスのある言い回しだなぁと感じます。アースドラゴンのスケールの大きさが一目瞭然。緑神龍ミルドガルムスのFTです。

 

 

終魔の刃がもたらすのは、全てを包む終焉のみ。

 

封魔ガルマジアスのFT。ラスボス臭ぱない。かっこいい闇文明見せてますね。

 

 

何かを守ろうとするには、誰かを傷つける覚悟を持つことだ。

 

ヘブンズ・サンダーのFT。必ずしもそうとは言えませんが、少し考えさせられるFTです。

 

 

 最期の瞬間、思い浮かべるのは親か故郷か、それとも来世の戦闘か。

 

ノスタルジア・フィッシュのFT。名前のとおりノスタリジックを感じさせます。最後に挙げられている戦闘が、超獣世界のなんたるかを表している気がします。

 

 

復讐。それは果て無き連鎖の始まりであり、光ある世界の終わりでもある。

 

封魔リベンジ・アラストのFT。深いFTです。少年漫画のヒロイン風に言うと、「憎しみは憎しみを呼ぶだけよ!」とかそんな感じでしょう。

 

 

誰よりも早く。音すら遅れてやってくる。

 

痺れますね。閃神兵ラウゼスのFTです。アーマロイドっていう種族がそもそもかっこいいのでその補正もあってスーパーかっこいいです。

 

 

 何度燃やされようと、森はまた成長を始める。

 

シェル・ラックのFT。フィオナの森が何度も燃える所以です。自然の雄大さが伝わってきます。

 

 

 圧倒的な暴力。それこそ絶対の秩序なのだ。

 

f:id:amamitako3:20161210200007j:plain

 

封魔グラーボスのFT。グランドデビルらしいおぞましい考え方です。デーモンコマンドとか目じゃないくらい禍々しい見た目もしています。なお性能。

 

 

最悪の不運こそ最高のチャンスだ。もうその滝壺より底は無い。

 

エニグマ・カスケードのFT。2文目の言い回しが気に入ったので採用しました。これに頷くかいいや違うと否定するかは人それぞれですね。

 

 

正義の道から外れるならば、彼に出会わぬよう祈りたまえ。

 

快癒の使徒リアスのFT。かなり実力のあるクリーチャーのようです。正義の味方として立派に働く光文明の鑑。

 

 

存在そのものが禁忌となる。

 

f:id:amamitako3:20161210200027j:plain

 

ギガデウスのFT。ほぼキマイラという種族の説明ですねこれ。イラストもヤバい。闇文明マジヤバい。

 

 

世界は破滅する。

 

f:id:amamitako3:20161210200045j:plain

 

シンプルシリーズ第2弾。神々の逆流のFT。これまたわかる人にはわかる。名前イラスト効果FT全部噛み合っていて素晴らしいカードだと思います。

 

 

拳に命を、標的に死を。

 

ジェット・リザードのFT。戦闘に対する無駄のない洗練された意識が火文明らしくてグッドです。

 

 

命は天下の回りもの。

 

f:id:amamitako3:20161210200105j:plain

 

ザッピング・ビーンズのFT。たった一言ながら意味するものはなかなか深いです。効果とも噛み合っています。

 

 

肉体という器を捨て、生命の大河は流れ続ける。

 

f:id:amamitako3:20161210200140j:plain

 

メビウス・チャージャーのFT。ザッピングビーンズのFTと言っていることは同じですが、捻った言い方がかっこいいです。これまた効果と噛み合っています。

 

 

儚いのは生命だけでは無い。死も思ったよりいい加減なものだ。

 

ギガレイズのFT。超獣世界の世界観を表しています。現実世界で言ってる人がいたらそれは危ない人です。

 

 

爆炎が早い時は耐えて、遅い時は逃げるんだ。何?耐えられないし逃げられない?なら俺と一緒に祈ってろ。ーー超銃士ボルガン

 

天地爆炎のFT。天変地異の恐ろしさを物語っています。ちゃっかりオチがついているのがポイント高いですね。

 

 

王は、死せども王である。

 

電磁賢者シリオンのFT。「この首、来たりて取れ!」で有名なレオニダス王の逸話を想起させます。王の力はすごいものですね。まぁ、それもいい王様の場合だけでしょうが…。

 

 

一緒に遊ぶと死ぬから危険。

 

f:id:amamitako3:20161210203451j:plain

 

悪戯人形ハロのFT。まさにデスパペット。効果はもちろん破壊系。

 

 

仲間の残骸を目印に、より深く、より深く。

 

f:id:amamitako3:20161210200406j:plain

 

バブル・ランプのFT。神秘的で好きです。サイバーウイルスは良いデザインのものが多い気がします。効果もぴったりです。

 

 

興味で闇を覗いてはいけない。もし出会ってしまえば、もう元には戻れないから。

 

f:id:amamitako3:20161210200211j:plain

 

邪凶の影ゲイザー・アイズのFT。ダークサイドの話でしょうか。皆さんは立派なジェダイになってくださいね。イラストは日本の妖怪チックでとても趣のあるものになっています。

 

 

全宇宙が、光輝く聖霊の音色に包まれる!今、天国への扉が開いた!

 

f:id:amamitako3:20161210200437j:plain

 

聖霊王アルファディオスのFT。これぞ聖霊王。圧倒的ホーリーパワー。切り札級ということが一瞬でわかる超絶かっこいいFTです。いやいいカードですほんと。

 

 

その怒りに触れたために、ひとつの都市が消滅した。

 

f:id:amamitako3:20161210200450j:plain

 

今回のトリ。ボルシャック・ドラゴンのFTです。荒々しく、猛々しく、雄々しい。まさにドラゴン。都市を消滅させるって一言でもうその力の強大さがわかります。さすがは火文明代表種族。デュエマ代表カード。かっこいい。

 

 

さて、どうでしたでしょうか。私としては、かなりの文字数を打ったなぁと思うので、見応えあったんじゃないでしょうか。

デュエマは1000種類を優に超えるカードがありますし、FTも相当数あります。

今回興味を持った方、ずっとFTが好きな方も、これからFTを楽しんでいきましょう。

 2度目は正直ないような気がしますが、他に誰かがFTについて記事を書いてくれたら私は感激です。

 

 

 ではまた。