たこぶろ

カレーにウインナー入れんなよ…そう言い残して、彼は毒杯を呷った。

最近観た(読んだ)作品を語ったり

タイトルの通りです。

いつもは長ったらしい前置きがある今ブログですが、今回はすぐに本題に入りたいと思い鱒寿司。



プリンセス・プリンシパル


最初はコレ。ツイッターでも散々べた褒めしてるので、またか…と思う方もいるかと思いますが、それだけ手放しで絶賛したくなる魅力がこのアニメにはあるのです。


言うなればこのアニメは時計ですね。




えーはい。どういうことかと言いますと、時計くらい緻密に組まれた作品だということが言いたかったのです。脚本も作画も音楽も演技も本当に突っ込むところがないんですよ。12話という制約がある以上、足りないと感じることはあっても、このアニメに無駄なところは一切無いと私は思います。


さて、そんな魅力に溢れたアニメですが、ここでは主人公に絞って話したいと思います。


この作品は、アンジェとプリンセスという2人の少女のダブル主人公なわけですが、やっぱり作品の根幹をなすのが2人の絆ですよね。

アンジェの例のセリフとか最終回の2人の会話聞くと一部の人の脳内には百合の花が咲くわけですが、私的にはそういう感情だけで片付けてしまうのはもったいないと思いますね(否定はしないやつ)。

ものすごく夢のないことを言いますが、この2人の関係がこのアニメで一番ファンタジーと言ってもいいと思います。現実にこんなに素敵な関係は存在しません。故に言葉に表すのは困難ですが、この2人の関係は大変素晴らしいものだと、それだけ伝われば私は満足です。



アホガール


正直この作品で語るようなことはあるのか。いや無い。

原作は読んでいないのですが、とりあえず悠木碧さんの演技がハマりすぎてて毎回ほんと楽しかったです。やっぱり頭空っぽで観れるアニメというのも重宝しますね。



魔法陣グルグル


1つだけ時代間違えてる感ありますね。

前々から気になってはいたものの手が出せずにいた中、アニメがリメイクするということで観始めた次第です。ハマった結果原作もあと最終巻を残すところとなりました。

とりあえずこれが自分の生まれる前に連載していたというのが信じられません。ギャグが全く色褪せていないんですよね。


私がこの作品に惹きつけられたもう1つの理由は、どこかノスタルジックな設定や表現の数々です。詳しく言うとネタバレになってしまうので自重しますが、作者は「ありふれたものなのに言葉で表すのが難しい不思議な感じ」を本当にうまく掴んでいると思います。


アニメですが、やはり展開が早いのは仕方ないですよね。でもその分ギャグが引き立つところもあって、クオリティは相当高いと思います。OPのSEについては賛否両論あるようですが、私は好きです。ただメカみたいな音はやっぱり違和感ありますが…。




〜ここから番外編〜


Re:ゼロから始める異世界生活


原作の続きが読みたいです。



ソードアート・オンライン


いよいよ3期の制作が発表されましたね。もう今から楽しみで仕方ないです。

誰もが尺についての心配をしていると思いますが、そこは一体どうなるんでしょうね。3クールでギリギリ収まるくらいでしょうか?

いやでもほんと楽しみ…。



ワンパンマン


最新巻の見せ場よかったです。いよいよ怪人協会編が本格スタートというところでしょうか。

原作の怪人協会編はほんと怪人のデザインがずば抜けてセンスあると思うんですよね。黒い精子やエビル天然水なんかはONE先生のあの絵だからこそ輝いてるところもありますし、村田先生の絵で果たしてどれだけの進化を遂げるのかとワクワクしています。


そしてアニメ2期!最高ですね。

個人的には猫探す話好きなのでやって欲しいなと思っています。





今回はここまで。またいつか。